That's me,too.

京都出身、狛江在住の社会人14年目。

6年経った。

You Tubeを見てたら、全くの偶然で「あるサッカー選手の死」という動画を見つけた。
「まさか・・・」と思いながらその動画をクリックすると、思った通りミクロシュ・フェヘールの姿が。

ミクロシュ・フェヘールは、元ハンガリー代表のFW。
当時はポルトガルの強豪ベンフィカに所属していて、若手の選手として結構期待されていたようだ。
そのフェヘールが、試合中に突然死んでしまったのは、ちょうど6年前。
現地時間やと、1月24日なのかな。
大学の教室で自習している時に、友人からのメールでそのことを知り、思わず机の上に突っ伏してしまったことを、今でも鮮明に覚えてる。

サッカー選手が死んでしまうのはもちろん悲しいけど、愛着のある選手ならなおさら。
ミクロシュ・フェヘールの分まで懸命に生きて・・・なんて大それたことは言えないけど、頭の片隅でそういうことは覚えておかなきゃいけない。