That's me,too.

京都出身、狛江在住の社会人14年目。

元日の過ごし方。

今年は京都へ帰省もせず、一人でのんびりのお正月。

早朝5時半、目が覚める。
朝刊の折込チラシをチェックし、初売りに何かいいもの無いかチェックするが、目ぼしいものは無し。
6時半。
そろそろ外が明るくなってきているのを見て、初日の出を見たいと思いつく。
急いで服を着込んで、原付を走らせる。
向かったのは二子橋。
6時55分、到着すると意外と人が集まっている。
ちょうど陽が昇ってくるタイミング。
初日の出を見るのは、生まれて初めて。
なんか神聖な気分になり、今年もがんばろうと決意。
家に帰って朝食。
餅と数の子という、正月の食べ物の中でも好物だけ食べる。
その後は眠気に襲われ、惰眠をむさぼる。
起き上がると、もう昼過ぎ。
国立競技場へ、天皇杯決勝を観戦に。
元日から、サッカーを観戦なんて最高の贅沢。
しかも応援もせず、暖かい日差しの中で、ただただボーっとボールの行方を追うだけなんて、幸せすぎる。
試合が終わり、散歩がてら渋谷まで歩く。
渋谷では、買い物をすることもなく、そのまま田園都市線の乗り場へ。
余裕で座れる程空いている。
18時、帰宅。
晩飯に困る。
弁当を買いに行くのも億劫だと、常備してあったパスタを茹でる。
元日に独りで食べるパスタは、さすがに堪えられない。
その後はウィーン・フィルのニューイヤーコンサートを聴きながら、年賀状書きに勤しむ。
ラデツキー行進曲で手を叩き、去年は実家で同じように手を叩いていたのを思い出す。
・・・そのまま寝ていたのに気がついたのは、すでに日付も変わった1時半。
年賀状も、まだ半分しか書けていない。
さて、もう少しがんばろう。