That's me,too.

京都出身、狛江在住の社会人12年目。

狛江を走る、1週間で1本だけのバス。

狛江市内を歩いていて、とあるバス停が目に入った。

「こんな場所にバス停あったっけ?しかもこの通りにバスなんて走ってたっけ??」

 

そのバス停の場所は、松原の交差点から松原通を田中橋方向へ数十メートル行った場所。

しかもそのバス停をよく見てみると、停まるバスは1週間の内で日曜早朝の1便だけ!!

ますます頭の中は「?」になる。

 

調べてみるとそういったバス路線は全国にいくつもあるそうで、通称「免許維持路線」というらしい。

早朝ということもあるので、小田急バス狛江営業所から狛江駅への回送も兼ねて1便だけ走らせているんだろう。

通常は付けられる系統番号も無く、ただ「中和泉経由 狛江駅北口行き」というバス名になっているのも面白い。

 

そんなバスの便自体の物珍しさ、しかも松原通のこの区間をバスが走るのは1週間に1回だけということも相まって、一度このバスを見てみたいなぁという気持ちになる。

 

さて今日5/14(日)、起床したのは5時半すぎ。

そこで「今からならあのバスが見られるんじゃ」とふと気が付く。

 

早朝のランニングも兼ねて、田中橋へ足を運ぶ。

待つこと数分、松原の交差点を右折してくる小田急バスが見える。

そして時刻は6:19、ついに来た!

 

ほんとに松原通小田急バスが走ってきた!

 

つい2か月程前までこの付近に住んでいたけど、バスが松原通を走り、田中橋の交差点を左折していくというあまりに見慣れない光景は、違和感を覚えずにいられない。

 

また早起きして、今度はぜひ狛江営業所から狛江駅まで実際にこのバスに乗ってみたい。