That's me,too.

京都出身、狛江在住の社会人12年目。

入れ替え戦第2戦。

水曜日の第1戦に続いて、サンガの応援に駆けつける。
羽田から始発の飛行機で広島へ。
朝早くに着いたため、午前中は店舗リサーチなどをして市内をぶらぶら。
でもだんだん緊張で腹痛が起きたりもする。
昼食もろくに食べずに、県庁前からアストラムラインビッグアーチへ。
今日も観戦はゴール裏。
アウェイのゴール裏にしては、いつもより人数が多い。
試合開始は16時。前半は攻め込まれっぱなし。佐藤寿人のヘッドは平井が弾き出したのかと思ってたら、クロスバー直撃だったのか・・・一方、サンガはシュートすらろくに打てない状況。
後半からサンガは4バックにフォーメーション変更。
アンドレ、徳重も投入して時折カウンターをサンフレッチェに繰り出すけれど得点は奪えず。
サンガのゴールはピッチの反対側だったからあまり良く見えなかったけど、サンフレッチェのシュートは、何回も際どいものがあったようだ。
時間は経過して、後半40分を過ぎてもスコアは0-0。
このままだとサンガが昇格。
でもサンフレッチェに1点でも入って0-1で負けると昇格出来ない。
しかもサンガは今シーズン終了間際失点症候群に悩まされている。
もう心配で心配で、手拍子しながら応援するくらいしか出来なかったけど、終了が近づくにつれだんだん応援の声も期待と心配と緊張で涙声になってしまう。
おまけに寒さの中手拍子を続けたせいか、手のひらがひび割れてきて痛いし。
ロスタイムは4分。
サンガゴール近くで、FKの大ピンチ。
一度ははね返したものの、こぼれ玉を拾われクロスを誰かがシュート、そのシュートが外れていくのを確認出来た。
後からテレビで確認したら、そのシュートはポストに当たって外れていた。ほんと怖い。
そして試合終了。
「またJ1に戻れる」って実感したとき、涙が溢れてきた。
隣で応援していた知らないおっちゃんともハイタッチ。
サンガのゴール裏は大盛り上がり。
選手とも一体になってすごくいい雰囲気だった。